Tams Tagebuch

アクセスカウンタ

zoom RSS 二冊の本

<<   作成日時 : 2005/10/01 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

昨夜は早くに床についたので 深夜目を覚まし気になる読みかけの本を一気に読了。
伊坂幸太郎 著 「ラッシュライフ」
ミステリー小説って こういう物なのかな?
「日曜日たち」のヤフーの書評を覗いたら こっちの方が凄いぞ とあったので読んでみました。

吉田修一 著 「日曜日たち」
友人の勧めで この著者の本を読んだ3冊のうちの一冊。
気に入ったので先月の読書会のテキストに。
私のお気に入りは 「日曜日の新郎たち」
息子と父親との間の、なんとも男にしか分からない雰囲気が上手く描かれています。
そして各話に登場する幼い兄弟。
親子 夫婦 男と女 挿入される暴力の場面

「ラッシュ  」では殺人まで

以前はお話は 楽しめる作り話であったのに、今は現実が先を行っている昨今のニュース。

「日曜日たち」の最後 人って、人間って捨てたもんじゃない という結末は救われました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
幸太郎
『ラッシュライフ』 幸せを呼ぶ男!武内幸 また伊坂幸太郎 伊坂幸太郎 「魔王」 [本メモ]伊坂幸太郎『魔 運命じゃない 文庫本2冊 第1巻-あ 第1巻-さ 二冊の本 ...続きを見る
幸太郎
2005/10/02 02:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
二冊の本 Tams Tagebuch/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる